スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっつう休暇 第1弾は石垣島

6月の末から一週間、石垣島に行ってました。

みっつうのリフレッシュ休暇で久々の石垣。
色々楽しい事あったけど記憶がおぼつかないまま、今週また第2弾の休暇に入ります。
IMG_1534_convert_20120903235014.jpg

石垣・・・。
う~ん。太陽の破壊力に倒れそうだったのが印象に残った。
BIGINのライブも見たり大好きなミンサ―織も買ったり。
IMG_1535_convert_20120903235157.jpg

よく訪れた時は台風直撃やらなんやらで、でも楽しかった。
今回は3日間ダイビングをしてヘロヘロ。
記憶が戻ってきたらまたお粗末な写真をUPしたいなぁ(こりもせず)
とりあえずマンタは撮れました。
IMG_1536_convert_20120903235126.jpg

今時、小学生でもこんな日記書かないね(泣)
スポンサーサイト

テーマ : 水中写真 - ジャンル : 写真

区切り

書けない、撮れない、の日々が続きました。
それでも少しずつ何かを残していこうと思い始め。


去年の初冬、医師の告知通り冬を越すことなく父が逝きました。
突然の残酷な告知とはうらはらな元気な姿に奇跡は起こるはずだと思いたかった家族。

残された時間は半年。
その中で何ができただろう?
普段通りに笑いあい、喧嘩もし、でもどれだけ父を大切に思っていたかを伝える事はできなかった。

最後まで家に戻った時のためにアレコレ心づもりをしていたメモを見つけた。

ようやく、ずっと帰りたかった場所に戻ってこれたんだよ。
ずいぶん小さくなったけど。
もう苦しむこともないよ。

初七日から四十九日までのお勤めは亡くなった人が少しずつ現世に区切りをつけていくものだと聞いた。

初盆を終えた。
IMG_1993_convert_20120822220707.jpg

私の区切りは、つくことなんてない。

祈り

何の答えも見つからないままこうして時間だけが過ぎて。

ただ、今こうして生きている自分にも何かそれなりの意味があると
思うから、
あの時、亡くなった方や今なお苦しく悲しい思いをされている人に
少しでも暖かな光が灯りますようにと
祈ります。

本当の悲しみや喪失感は自分で癒すしかないと思うけど
それでも少しでも暖かくなれますように、と。

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

結願の先にあるもの

今年初めに那智の青岸渡寺から始まった西国三十三か所。
何のために何を目的にかなんて実は曖昧で。
でも、きっと漠然とした何かから救われたいのだろうと弱い自分を蹴り飛ばしながら始めた。
IMG_1551_convert_20110929224123.jpg

西国なので比較的近距離な場所ばかりでそのお寺の一番良い時期に行ければ、なんて軽い気持ちだった。
実際こんな安易な気持ちで回っていることが少し後ろめたく感じたりいていたが、紀三井寺のHPで
どう感じ取ってもいいのだという文章を見て少し気が楽になった(単純)
IMG_1561_convert_20110929224224.jpg
始めは叔母の病気平癒を願い、東北震災の鎮魂と復興を願い、今はただ父の苦しまない日が
一日でも長く続くようにと。
私は自分が何かから救われたかったはずなのに、それ以上に誰かを救いたいと。
でも救えない。ただ祈るだけ。祈っても何も変わらないのに、それでも祈るしか出来ない。
無力な自分を嫌というほど再認識しただけ。
ただの偶像崇拝なのかも知れないけど、それでも、その先にあるものを求めてしまう。

両親がいつも楽しげに話していた西国参りをこのタイミングでしたのも
何かの意味があるのかななんて。
ただ、今はそれはわからない。

毎日、新しい環境にも慣れてやりがいもあるし楽しい。
でも、ずっと感じている無力感に捕まらないように緊張している。
IMG_1558_convert_20110929224151.jpg
母が教えてくれた鯉の彫り物。
これに触れて、また現世に戻るという意味があるそうで。
結願の先にあるものを見つけるのは今の私にはまだ無理だと思う。
IMG_1574_convert_20110929224257.jpg
胎内めぐりをした。
真っ暗で前後は本当の闇。
手探りで錠前を探す。確かに近くにはいるはずのみっつうを感じ取れずに息を潜めて。
前回、信貴山で感じた恐怖はなかったが別の恐怖を感じた。
な、ここにあるやろ、というみっつうの言葉と気配でとても安心した。

今、わからない事でもこの先わかっていくのかな。
心のざわつきがなくなって、本当の覚悟が出来た時にその答えは出るんだろうか。
IMG_1547_convert_20110929224000.jpg
そしたらもう一度、一から始めてみよう。那智・青岸渡寺から。

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

勝手な決断

毎日、明らかになる被害状況と今晩からの雨にまた被害の出る恐れがあるとのニュースを見て
何とか無事でいてほしいと。

今回の事があって、いや、東北地震の支援の時にも感じた苛立ちというか呆れというか、
そんな気持ちでイライラ。

全て足並み揃えてがいいとは思わないが「関西広域連合」の事。
馬鹿な人間のせいで勝手な暴走が続いている。

防災も医療も、正直どの県よりも劣っているのは歴然で何年か前の妊婦さんをたらい回しにしたあげく
死亡させた例や今回のような大規模な崩落ではないが、度々山間のあちこちでは起こっているのに。
死者が出ないから大したニュースにもならない、ならOKなのか?

私は元々この県に生まれ育ったわけではない分、何とも変にお高くとまって自過剰な体制にうんざりする事がある。

これから起こりうる東海、東南海地震や、その他の事で特に医療面も含め協力し合おうという輪に
何故参加しない?

自分たちで対応できるから?自分たちが無事ならそれでいいのかと。
近隣の府県の有事に協力しようとは思わないのか?
オブザーバーなんて馬鹿みたいな態度とってるうちに今回の事みたいになって
どうするつもりなんだろう。

大阪近郊からの転入者が多く県税もしっかりとってるくせに
どこに反映されているのかわからない。
ある一部の人間が良い思いをしてそう。
している事はカビが生えそうな過去ばかりに目をつけたビジネスばっかり。

歴史は大切なもの。でもそれを残していく今を生きる人間の体制をもっと根底から改めないと
誤った采配のせいで私達の意図しない方向に進みそう。

少し前に知事選があった。
けれど結果は同じ。
正直かなり失望した。
それもこの県の特性なのかも知れない。
変わる気がないのか。

直接、影響を受けるのはトップではなくて私達なのに。

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。